Voice 05このページを印刷する - Voice 05

senpai5_2
 
 

Voice 05

第6病棟 看護師

出身校
会津若松看護学校


看護の力で
患者さんを笑顔に

 重症心身障がい児(者)の患者さんは、自分の意志を伝えたり、症状を訴えられない方が多いため、看護師の観察力やアセスメントがいかに重要かということを日々痛感しながら看護をしています。患者さんの安楽につながるケアができるよう援助していく事はとても難しく、責任の重さを感じていますが、患者さんの笑顔や穏やかな表情を見せてくれると、こちらが励まされている様な気持ちになり看護をしていてよかったと感じています。